« エピファーニ、ヴェルトローニの政策に賛同 | トップページ | ディ・ピエトロ、メディアセットとRai は1局ずつ »

2008年2月19日 (火)

フィレンツェの市電、反対派が多数

Tramvia1
フィレンツェの市電をめぐり、住民投票が実施されたが、反対派が半数を上回った(2月17日、Corriere.it ).

フィレンツェの市電の2号線と3号線について住民投票が実施された。最も問題となっているのは、洗礼堂のすぐ脇を通すことの是非である。

投票率は39、36%。コムーネの建設案の廃止に賛成の人(つまり、市電の建設に反対の人)は、3号線は51、87%、洗礼堂のそばを通る2号線に関しては53、84%であった。

6万4千人以上の人が反対だった計算となる。副市長は10人に6人が投票に行かなかった。10人に2人が市電に反対したにすぎない、としている。

|

« エピファーニ、ヴェルトローニの政策に賛同 | トップページ | ディ・ピエトロ、メディアセットとRai は1局ずつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40174998

この記事へのトラックバック一覧です: フィレンツェの市電、反対派が多数:

» フィレンツェメンバー [フィレンツェ厳選サイト一覧]
フィレンツェのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2008年3月 2日 (日) 11時30分

« エピファーニ、ヴェルトローニの政策に賛同 | トップページ | ディ・ピエトロ、メディアセットとRai は1局ずつ »