« 民主党、デ・ミータと決裂、急進党には最後の申し出 | トップページ | 民主党、事実婚推進を公約に »

2008年2月21日 (木)

グレーフェンベルクスポット

C_0_articolo_401617_listatakes_item
イタリアの学者がグレーフェンベルクスポットの超音波映像をとることに成功した(2月21日、レプッブリカ)。

グレーフェンベルクスポット(punto G, 英語ではG spot)は、ドイツの婦人科医エルンスト・グレーフェンベルクが1950年にその存在を想定した女性の性感帯であるが、グレーフェンベルクの説は、すぐに同僚からの批判にあった。

その後も、キンゼイやマスターズやジョンソンといった性行動の報告書を作成した学者によっても、punto G の存在は疑われていた。

古代東洋の書物には太陽のポイントとして、紹介されていたらしい。

これを突き止めたのは、アクィラ大学で教鞭をとるエンマヌエーレ・イアンニーニらである。この超音波映像(エコグラフィー)で存在が、尿道と膣のあいだの壁に確かめられた。

イアンニーニによると、女性によってそれを生まれつき有する人と有しない人があり、またその大きさはホルモンに影響されるという。しかし有せずとも、クリトリスがあるので問題ないとのことである。

|

« 民主党、デ・ミータと決裂、急進党には最後の申し出 | トップページ | 民主党、事実婚推進を公約に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40211912

この記事へのトラックバック一覧です: グレーフェンベルクスポット:

« 民主党、デ・ミータと決裂、急進党には最後の申し出 | トップページ | 民主党、事実婚推進を公約に »