« Abarth版500 | トップページ | サンレモ音楽祭、視聴率激減 »

2008年2月28日 (木)

ペドフィリアに化学的去勢検討

Catrazione_chimica 民主党のリーダー、ヴェルトローニは、幼児への性犯罪者に対し、化学的去勢の導入を検討すると表明した(2月27日、レプッブリカ)。

ペドフィリアに対し、もし科学的に確かであると証明されれば、化学的去勢の導入を除外しない、というのがヴェルトローニの立場だ。

しかし、この性に関しデリケートな問題は、左派の左の虹の反発を招いている。また、民主党内では、カトリックのロジー・ビンディが化学的去勢に疑問の声をあげている。憲法に反する解決法ではないかという疑いがあるという。

|

« Abarth版500 | トップページ | サンレモ音楽祭、視聴率激減 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40299099

この記事へのトラックバック一覧です: ペドフィリアに化学的去勢検討:

« Abarth版500 | トップページ | サンレモ音楽祭、視聴率激減 »