« 超未熟児の蘇生で意見割れる | トップページ | 諸外国での24週以下の未熟児の扱い »

2008年2月 5日 (火)

マリーニ断念、総選挙へ

Marini4324
マリーニ上院議長は与野党との交渉の結果、暫定内閣の組閣を断念した(2月5日、レプッブリカ)。

マリーニ議長は水曜日から5日間にわたって、交渉を続けたが、中道右派は、選挙法改革のための暫定内閣という案を頑なに拒んだ。

大統領は、6日あるいは7日に両院を解散し、総選挙を宣言する見通し。選挙は、4月6日または4月13日になる見込みだ。憲法には、両院の解散から70日以内に総選挙をするとの規定がある。

投票日は、内閣が決定する。

民主党のヴェルトローニは、民主党は単独で選挙に臨むとしている。急進左派の Rifondazione sinistra democratica や Pdci, Verdi は、独自の候補者リストを形成する予定で、ベルティノッティを首相候補にかつぐ。

|

« 超未熟児の蘇生で意見割れる | トップページ | 諸外国での24週以下の未熟児の扱い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40009071

この記事へのトラックバック一覧です: マリーニ断念、総選挙へ:

« 超未熟児の蘇生で意見割れる | トップページ | 諸外国での24週以下の未熟児の扱い »