« サンレモ音楽祭、視聴率激減 | トップページ | Ru486をめぐる是非 »

2008年2月28日 (木)

ベルトーネ長官、ラウル国家評議会議長と会談

Castrobertone_ap203b ヴァティカンの国務長官ベルトーネ長官が、キューバのラウル・カストロ国家評議会議長と会談した(2月27日、レプッブリカ)。

ベルトーネ枢機卿は、ラウル・カストロが会談する初の国際的なリーダー。ヴァティカン側は、キューバの移行に協力することを約束した。

長官はすでに、米国のキューバに対する経済封鎖に反対する立場(「倫理的に受け入れがたい」)を表明している。

ベルトーネ長官は、ラウル・カストロ議長に、若者の要望を取り入れ、より自由な社会へと移行すること、宗教活動の全面的な自由を認めることなどを求めた。

ラウル議長は、ヴァティカンとの外交関係を発展させたいとし、彼自身の経済、政治方針について説明した。

|

« サンレモ音楽祭、視聴率激減 | トップページ | Ru486をめぐる是非 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40299542

この記事へのトラックバック一覧です: ベルトーネ長官、ラウル国家評議会議長と会談:

« サンレモ音楽祭、視聴率激減 | トップページ | Ru486をめぐる是非 »