« 中国からトマト、リンゴ、豆を輸入 | トップページ | グレーフェンベルクスポット »

2008年2月21日 (木)

民主党、デ・ミータと決裂、急進党には最後の申し出

Demita200_2
民主党とチリアコ・デ・ミータの決裂は決定的となり、デ・ミータは民主党を去る(2月21日、レプッブリカ)。

デ・ミータは11期44年に渡って議員を務めた元キリスト教民主党の幹事長、元首相である。彼は、年齢ではなくて、知性を基準とすべきだと主張した。

一方、もう一人の重鎮ヴィンチェンツォ・ヴィスコは、7期つとめたが、争うことなく、再立候補を断念した。

ヴェルトローニは、さらに、マルコ・パンネッラの急進党に連合を呼びかけた。民主党の印のもとで9人の議員とエンマ・ボニーノの大臣職を提供し、選挙費用全体の10%を償還するというものである。
その代わりに、次期の国会で、規律を守って民主党と行動を共にするというわけだ。

|

« 中国からトマト、リンゴ、豆を輸入 | トップページ | グレーフェンベルクスポット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40211146

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党、デ・ミータと決裂、急進党には最後の申し出:

« 中国からトマト、リンゴ、豆を輸入 | トップページ | グレーフェンベルクスポット »