« 日用品の物価4、8%上昇 | トップページ | 畑からテーブルへ »

2008年2月24日 (日)

Made in Italy の輸出は伸びたが...

Jeans_made_in_italy_oem_manufacture
イタリア製品の輸出は急激に伸びているが、それを上回って、石油、ガスの輸入が高くなっている(2月23日、レプッブリカ)。

イタリア製品(Made in Italy)は、海外でますます売れ行きが伸びているが、ガスや石油の輸入が、ヨーロッパ外との貿易を赤字にしている。2008年1月の貿易赤字額は、2007年1月にくらべ436万ユーロの赤字となっていて、1999年以来最悪の状況となっている。

化石燃料の輸入は、それだけで、ヨーロッパ外からの輸入の35、2%を占めているが、それを除けば、貿易は黒字である。1月だけで、ガスと石油の輸入代金は、533万ユーロにのぼり、貿易赤字を上回っている。

実際、イタリア製品の2008年1月の輸出額は1年前と比較して、18、3%増加しているし、2007年12月と比較しても14、4%増加している。

とりわけこの1年、農業製品や魚の輸出が71、2%も増加しており、一方、家具その他の工業製品は29、8%伸びている。

木や木製品は26、3%の増加、機械類は23、5%の増加、布や衣服は16、9%の増加である。

イタリアはヨーロッパの輸出大国の中で、ドイツに伍して輸出が成長している唯一の国である。過去7年間、ドイツは7、8%、イタリアは7、6%の割合で輸出が成長している。

輸出先で成長著しいのは、南アメリカ(+79、3%)、トルコ(+35%)、OPEC諸国、ロシア、中国である。

|

« 日用品の物価4、8%上昇 | トップページ | 畑からテーブルへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40242421

この記事へのトラックバック一覧です: Made in Italy の輸出は伸びたが...:

« 日用品の物価4、8%上昇 | トップページ | 畑からテーブルへ »