« 教皇、ローマ大学訪問せず | トップページ | マステッラ法相、辞表提出 »

2008年1月20日 (日)

教皇と国家の不和

Pio12
教皇と国家の不和はこれまでにも何度かあった(レプッブリカ、1月16日)。

ピオ9世は、ポルタ・ピアを突破され、ヴァティカンの囚人と称した教皇であるが、亡くなったとき、一部の自由主義者は、教皇の遺骸をテヴェレ川に遺棄しようと考えた。

ピオ12世(写真)は、その治世が第二次世界大戦と戦後であったが、共産党員と衝突し、共産党員の一人ラウラ・ディアスは、教皇の手は血で汚れていると非難した。

パオロ6世は、フランス人作家のロジェ・ペイルフィットに、同性愛者ではないかと書かれた。

ジョヴァンニ・パオロ2世は、ベッティーノ・クラクシに、イタリアの現実をポーランドのレンズで見ていると批判された。

|

« 教皇、ローマ大学訪問せず | トップページ | マステッラ法相、辞表提出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17756827

この記事へのトラックバック一覧です: 教皇と国家の不和:

« 教皇、ローマ大学訪問せず | トップページ | マステッラ法相、辞表提出 »