« フォルツァ・イタリア、ルイーニ卿とともに「中絶法案の見直しを」 | トップページ | リコルディ、200周年 »

2008年1月 4日 (金)

ソットサス、逝く

Sottsass_b1
5
10
エットレ・ソットサスが亡くなった。90歳であった(レプッブリカ、Corriere.it. 1月2日)。

ソットサスは、建築家でありデザイナーであった。芸術家と呼ばれることは嫌っていた。昨年、大晦日にミラノの自宅で亡くなった。ソットサスは、1917年インスブルックに生まれた。本人の希望により宗教葬は営まれない。来週の火曜日に火葬にふされる。

トリノのポリテクニコ(理工科大学)を1939年に卒業し、1947年からミラノで活動をはじめた。1958年からは、イタリアン・スタイルとして世界的名声を得た。その年、オリヴェッティとの関係が始まり、それは30年間近く続いた(写真下)。

1981年には gruppo Memphis を、磯崎新や Hans Hollein, アンドレア・ブランツィ、ミケーレ・デ・ルッキらとともに創設した。

|

« フォルツァ・イタリア、ルイーニ卿とともに「中絶法案の見直しを」 | トップページ | リコルディ、200周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17575524

この記事へのトラックバック一覧です: ソットサス、逝く:

« フォルツァ・イタリア、ルイーニ卿とともに「中絶法案の見直しを」 | トップページ | リコルディ、200周年 »