« 1938年、スカラ座、ユダヤ人に門を閉ざす | トップページ | 首相の減税案に、経済相がまった »

2008年1月13日 (日)

アリタリアの再建計画

Alitalia_aereo_primo
アリタリアの再建計画をスピネッタ会長が示した(レプッブリカ、1月10日)。

それによれば、アリタリアはエール・フランスのもとに入り、余剰人員は最大で1700人となる。

エア・フランスーKLMは航空機を569機所有しているが、アリタリアは186機。従業員はエア・フランスが10万2422人でアリタリアは1万7869人。売り上げは、エール・フランスが169億ユーロに対し、アリタリアは43億ユーロ。また、ハブはローマ・フィウミチーノに絞り、マルペンサ空港発着便は減らす。また、2015年までに65億ユーロの投資を行う予定。

|

« 1938年、スカラ座、ユダヤ人に門を閉ざす | トップページ | 首相の減税案に、経済相がまった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17679365

この記事へのトラックバック一覧です: アリタリアの再建計画:

« 1938年、スカラ座、ユダヤ人に門を閉ざす | トップページ | 首相の減税案に、経済相がまった »