« ソットサス、逝く | トップページ | クリスマス、正月メールの増加 »

2008年1月 5日 (土)

リコルディ、200周年

1199372251172_collmus1puc05
1199372250356_00b5f20a
音楽出版社リコルディが設立200周年を迎えた(レプッブリカ、1月2日)。

リコルディは、イタリア・オペラの歴史と深く結びついている。ロッシーニ、ドニゼッティ、ベッリーニ、ヴェルディ、プッチーニ...。

リコルディ家は、プロモーターであり、メセナ、著作権の発明者でもあった。

リコルディのアーカイヴは充実したもので、4000のスコア、多くの書簡、1万のデッサン、1万1千のリブレット、何百もの写真やポスター。ヴェルディの23のオペラのオリジナル、プッチーニのすべてのオペラのオリジナル(唯一の例外は、『つばめ』)を蔵している。

そもそもは、ヴァイオリニスタで指揮者のジョヴァンニ・リコルディが1806年に写譜屋として始めたのだった。そして1807年にライプツィヒでドイツ式銅版印刷を学んできた。1808年には、ミラノで印刷所を設立し、またたく間に、イタリアで最も重要な音楽出版社にのしあがったのである。1814年には、スカラ座の写譜屋となり、新しいオペラで商いする権利を得る。

1825年にスカラ座のアーカイヴを買い取るが、そこにロッシーニ、ベッリーニ、ドニゼッティやメルカダンテの自筆スコアが含まれていた。

最初に広く著作権が認められたのは、1840年に、ジョヴァンニがオーストリア政府から協約を得たときだった。

息子のティトは音楽誌 La Gazzetta Musicale di Milano を創刊し、この雑誌は1842年から1902年まで出版され、ベルリオーズやワーグナーも執筆した。ティトはシューマンやマイアーベア、歌手のマリブランやパスタと親交をむすんだ。その間、リコルディの支社は、ナポリ、フィレンツェ、ローマ、ロンドン、パレルモそしてパリへと拡張されていった。

さらにその息子のジュリオは、ダンヌンツィオ的人物で、ヴェルディを尊敬していたが、また、ヴェリスモやプッチーニを支援した。ボイトやファッチョ、イッリカやジャコーザといった台本作者と親交をむすんだ。

その息子のティト2世のとき、4世代にわたる家業を離れた。

1994年、リコルディはドイツの Bertelsmann に買収された。

|

« ソットサス、逝く | トップページ | クリスマス、正月メールの増加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17579077

この記事へのトラックバック一覧です: リコルディ、200周年:

« ソットサス、逝く | トップページ | クリスマス、正月メールの増加 »