« ナポリのゴミ問題、軍隊投入 | トップページ | ゴミ問題、解決困難 »

2008年1月10日 (木)

イエズス会総会長、辞任

D9e20d5168af61eca6607b724d5e0fd1
Este_02183001_30280
イエズス会のトップ、総会長が辞任し、後継者が選挙で選ばれる(レプッブリカ、1月7日)。

イエズス会(Compagnia di Gesu')のトップ、Peter-Hans Kolvenbach 神父(写真)は、辞任し、後継者が選挙で選ばれる。イエズス会の総会長は、通称「黒い法王」(papa nero)と呼ばれる実力者であり、これまでは終身制であった。

イエズス会は1540年イグナチウス・ロヨラ(Ignazio di Loyala)がパオロ3世から許可をえて設立した。1773年には、多くの論争ののち、クレメンテ14世により解散させられた。その41年後、1814年に、ピオ7世によって復活させられた。

現在、司祭や神学者などの中で、イエズス会に所属する者は、1万9246人。1960年代には3万6千人であった。イエズス会士の平均年齢は、57、3歳で、今回、総会長は79歳で辞任する。

今回、イエズス会にとって第35回の総会が次期総会長選出のために開かれる。これに参加する世界各国からの代表は226人であるが、投票権を持っているのは216人である。後継者、第29代の総会長に選ばれるためには、110票以上が必要となる。

|

« ナポリのゴミ問題、軍隊投入 | トップページ | ゴミ問題、解決困難 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17638800

この記事へのトラックバック一覧です: イエズス会総会長、辞任:

« ナポリのゴミ問題、軍隊投入 | トップページ | ゴミ問題、解決困難 »