« プローディ続投に意欲 | トップページ | プローディ、上院で信任投票へ »

2008年1月24日 (木)

マフィア、ロ・ピッコロの右腕、自白

Piccolo1
昨年11月に逮捕されたパレルモのマフィアの大親分ロ・ピッコロの右腕が司法協力者になっていた(レプッブリカ、1月23日)。

プロヴェンツァーノが逮捕されたあと、パレルモのマフィア、サルヴァトーレとサンドロのロ・ピッコロ父子がマフィアの世界をしきっていた。が、昨年11月5日に彼らは逮捕された。その時に逮捕されたロ・ピッコロの右腕ガスパーレ・プリッツィは、司法協力者(pentito)となって、この10年間の殺人を含む悪行を語り、数百ページの口述調書となった。

その中で、プリッツィも悔しがっていることだが、2003年からロ・ピッコロの組のなかに、警察官が潜入していたのだが、それに気づかず、すっかり親分の信用もえて、マフィア内部の情報が警察にもれていたのである。

|

« プローディ続投に意欲 | トップページ | プローディ、上院で信任投票へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17822038

この記事へのトラックバック一覧です: マフィア、ロ・ピッコロの右腕、自白:

« プローディ続投に意欲 | トップページ | プローディ、上院で信任投票へ »