« 首相、ゴミ問題に怒る | トップページ | ベルルスコーニ:テレビ法を通すなら改革に反対 »

2008年1月17日 (木)

分別収集の推移

Img_3264
イタリアのゴミの分別収集は次第に増えている(レプッブリカ、1月13日)。

年    ゴミの量    分別した比率
1999 370万トン  13、1%
2000 418万トン  14、4%
2001 511万トン  17、4%
2002 573万トン  19、2%
2003 663万トン  22、1%
2004 706万トン  22、8%
2005 769万トン  24、3%

となっている。目標値は40%なので、まだまだである。またゴミの量は、6年間で倍増している。

都市ごとに見ると、トリノは39%で、プラスチック、電池、薬物を分別している。ミラノは39、8%。ボローニャは29、6%。ヴェネツィアは25%。ジェノヴァは23%。フィレンツェは30、7%、ローマは20、6%だが、ラツィオ州では10、4%。

ナポリでは、7、7%で、カンパーニャ州では10、6%なのだが、カンパーニャ州のなかにも1万人以上の市町村で分別に積極的にとりくんでいるところがあり、モンテ・ディ・プローチダでは44%に達している。1万人以下では、パドゥラがトップで、66%に達している。

バーリは23、1%、プーリア州では11%、知事は2010年までに55%をめざしている。2000年には0、4%に過ぎなかったのだが、2005年には7%に達したので上昇率はめざましい。

パレルモは9%。シチリア州では、6、7%。

個別にはアスティやノヴァーラのように60%に達しているところもあるし、メッシーナのようにゼロというところもある。以上の調べは Legambiente によるものである。

イタリアは目標値としては、分別収集の比率は、2007年が40%で、2012年には65%を目指している。

|

« 首相、ゴミ問題に怒る | トップページ | ベルルスコーニ:テレビ法を通すなら改革に反対 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17727782

この記事へのトラックバック一覧です: 分別収集の推移:

« 首相、ゴミ問題に怒る | トップページ | ベルルスコーニ:テレビ法を通すなら改革に反対 »