« 金属労組、交渉妥結 | トップページ | プローディ続投に意欲 »

2008年1月23日 (水)

マステッラ、与党を離脱

Prodimanotraicapelli
法相を辞任したマステッラが、自ら率いる Udeur とともに与党を離脱すると発表し、プローディ政権は危機に陥った(レプッブリカ、1月22日)。

下院は与党が優に過半数を制しているものの、つねに問題になるのは上院である。

昨日までは、中道左派158名、中道右派156名であった。ところが現在は、中道左派155名、中道右派156名で、Udeur が3名となってしまった。この他に、終身上院議員が7名いる。アンドレオッティ、コロンボ、コッシーガ、レヴィ・モンタルチーニ、チャンピ、スカルファロ、ピニンファリーナである。また、慣習により、議長であるマリーニは投票しない。

プローディ首相は、今のところ楽観的な構えでいる。下院でまず信任投票で勝利を得て、上院でも信任投票で勝利を得る考えだ。

|

« 金属労組、交渉妥結 | トップページ | プローディ続投に意欲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17806706

この記事へのトラックバック一覧です: マステッラ、与党を離脱:

« 金属労組、交渉妥結 | トップページ | プローディ続投に意欲 »