« ベルトーネ:カトリックを抑圧しないで | トップページ | 北部の空港の再編 »

2008年1月 2日 (水)

北部、マルペンサ空港の扱いに不満

Bossiminacciabattaglia
アリタリアの売却に際し、ミラノ・マルペンサ空港の扱いに関して、北部から不満の声があがっている(レプッブリカ、12月30日)。

北部同盟のウンベルト・ボッシは、新年1月12日または19日にデモ行進をすることを呼びかけた。ボッシは、政府がアリタリアの売却先としてエール・フランスをあげたことが不満であり、また、これまでアリタリアの危機を支えてきたのにもかかわらず、(ハブ)空港をわれわれから取り上げるのか、というのが怒りの理由である。

これに呼応して、ロンバルディア州評議員のラッファエーレ・カッターネオ(フォルツァ・イタリア)やミラノの副市長リッカルド・デ・コラート(国民同盟)も、マルペンサ空港のハブ空港の地位を守るべきだという声をあげている。

これに対し民主党の州書記のマウリツィオ・マルティーナは、「今声を上げている人たちは、前政府にいた人たちだが、政権についていたときは何もしなかった。今必要なのは、対話で、デモ行進ではない」と返答している。

|

« ベルトーネ:カトリックを抑圧しないで | トップページ | 北部の空港の再編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17553762

この記事へのトラックバック一覧です: 北部、マルペンサ空港の扱いに不満:

« ベルトーネ:カトリックを抑圧しないで | トップページ | 北部の空港の再編 »