« ゴミの分別収集 | トップページ | アリタリアの再建計画 »

2008年1月13日 (日)

1938年、スカラ座、ユダヤ人に門を閉ざす

1413029
1938年12月、スカラ座は、ユダヤ人の観客お断りの措置をとり、それに抗議して、指揮者のエーリッヒ・クライバーは指揮を降板していた(レプッブリカ、1月10日)。

1938年、人種法はすでに施行されていた。そこへ追い打ちをかけるように、アーリア人種でない観客お断りの措置が、スカラ座でとられたのだ。

指揮者エーリッヒ・クライバーは激怒した。「音楽は、太陽や空気のように、全ての人のために書かれたものだ。現代のように厳しい時代に、必要な慰めの源である。それをいかなる人間に対してでも、とりわけ、人種や宗教を理由に、否定することは容認できない」として彼は降板した。演目は《フィデリオ》であったのは皮肉だ。圧政に抗し、自由を求めるという内容のオペラなのだから。

エーリッヒ・クライバーは、1934年にもアルバン・ベルクのオペラ《ルル》がナチスによって退廃芸術と決めつけられ、検閲、上演禁止となったときにも辞任している(オペラ《ルル》は未完成だったので、この時、演奏しようとしていたのは《ルル》の中の交響的断片を集めたルル組曲ーー管理人註)。

その後、クライバーはアルゼンチンに移住する。4年後に、スカラ座に招聘されたが、この事件が起こった。ユダヤ人の芸術家だけでなく、聴衆/観客もユダヤ人の場合、年間予約を返還するよう求められた。払い戻しは保証されてはいたが。

この事件は国際的な反響をよび、12月30日、31日には、ワシントン・ポストやニューヨーク・タイムズでも取り上げられた。

イタリアの新聞で公然とこれを非難したのは、ヴァティカンのオッセルヴァトーレ・ロマーノ紙のみであった。

追記:ベルク作曲《ルル組曲》に関して、当初、ナチスによる検閲があったと書きましたが、ナチス政権のもとでは演奏を禁じられたので、上演禁止と訂正しました。

|

« ゴミの分別収集 | トップページ | アリタリアの再建計画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17679176

この記事へのトラックバック一覧です: 1938年、スカラ座、ユダヤ人に門を閉ざす:

« ゴミの分別収集 | トップページ | アリタリアの再建計画 »