« アングリカンの危機意識 | トップページ | コントラーダの恩赦をめぐる論争 »

2007年12月27日 (木)

ドイツ人、イタリアの飲料を飲む

Birra
ドイツ人がビールの消費量を減らし、イタリアの飲料を飲むようになっている(レプッブリカ、12月24日)。

ビールは古い飲料で、エジプトでは紀元前3500年にはすでに知られているし、アッシリアでも知られていた。

ドイツでは、2007年のビール消費量が3パーセント減り、1人あたり平均112、5リットルとなった。減少傾向は、長年にわたる継続的なものだ。ビールをヨーロッパで最も飲むのは、ドイツ人ではなくて、チェコ人やベルギー人である。

ドイツ人がその飲む量を増やしているのは、カップッチーノ、プロセッコ(発泡性ワイン)やワインである。

ベルリン、ミュンヘン、ハンブルクといった大都市では、20、30年前には珍しかったのだが、レストランにワイン・リストがあり、イタリアもの、ついで、フランスもの、ついで南アメリカ産が珍重されているという。

|

« アングリカンの危機意識 | トップページ | コントラーダの恩赦をめぐる論争 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17492827

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ人、イタリアの飲料を飲む:

« アングリカンの危機意識 | トップページ | コントラーダの恩赦をめぐる論争 »