« イタリア、バリで非難をあびる | トップページ | ティッセンクルップ、過失認めず »

2007年12月10日 (月)

労働の安全基準を守らぬ企業家は禁固刑へ

Ansa_11793247_40590
プローディ首相は、最近の労働事故の多さをうけ、労働の安全基準を大幅に逸脱している企業家は、禁固刑に処すことのできる法律を準備すると宣言した(レプッブリカ、12月9日)。

政府は、委任立法で、来年早い時期に効力をもつような法律をめざす。労働大臣のチェーザレ・ダミアーノによれば、イタリアには、すでに去年の夏から労働の安全を守る法律はあるが、それだけでは不十分で、同時に、事故を未然に防ぐ活動を発展させなければならない、とのこと。

|

« イタリア、バリで非難をあびる | トップページ | ティッセンクルップ、過失認めず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17333200

この記事へのトラックバック一覧です: 労働の安全基準を守らぬ企業家は禁固刑へ:

« イタリア、バリで非難をあびる | トップページ | ティッセンクルップ、過失認めず »