« 労働の安全基準を守らぬ企業家は禁固刑へ | トップページ | 大型トラックのスト »

2007年12月12日 (水)

ティッセンクルップ、過失認めず

00012023constrain240x300
工場の火災で死者を出したティッセンクルップは、安全基準を破ってはいないという見解を示し、労働組合の大きな反発をかっている(レプッブリカ、12月10日)。

ティッセンクルップ(鉄鋼を中心とした会社)は、トリノ工場の火災で4人の工員が死亡したが、安全基準は守っており違反していないという見解を示した。

冶金機械工は、8時間のストライキに入る。三大労働組合も2時間のゼネストを呼びかけた。

サッカー場でも、ユーヴェとトリノの試合では、哀悼の意が示された。

|

« 労働の安全基準を守らぬ企業家は禁固刑へ | トップページ | 大型トラックのスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17344999

この記事へのトラックバック一覧です: ティッセンクルップ、過失認めず:

« 労働の安全基準を守らぬ企業家は禁固刑へ | トップページ | 大型トラックのスト »