« 不法移民の子、保育園に入れず | トップページ | アリタリアの理事会、エール・フランスを選ぶ »

2007年12月25日 (火)

失業率、1992年以来の最低に

Normal_lavoratore180607
イタリアの失業率が、1992年以来最低水準になった(レプッブリカ、12月21日)。

Istat によるとイタリアの労働市場は意外な強さを見せ、1992年以降で最低の失業率5、6パーセントを示した。

今年の第三四半期には、41万6千人分の仕事が増えているが、その半数20万1千は外国人労働者の分である。それ以外は、パートタイマーの急上昇が寄与している。

パートタイマーは今や、被雇用者の14、3パーセントに達し、第三四半期で30万人分(10、2パーセント)増加している。

それに対し、正規雇用者は、11万7千人分の増加にすぎない。

|

« 不法移民の子、保育園に入れず | トップページ | アリタリアの理事会、エール・フランスを選ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17474023

この記事へのトラックバック一覧です: 失業率、1992年以来の最低に:

« 不法移民の子、保育園に入れず | トップページ | アリタリアの理事会、エール・フランスを選ぶ »