« 失業率、1992年以来の最低に | トップページ | 収入4万ユーロ以下の人に減税 »

2007年12月26日 (水)

アリタリアの理事会、エール・フランスを選ぶ

Alitalia02g
アリタリアの理事会は、合併先相手としてエール・フランスを選択した(レプッブリカ、12月22日)。

そもそも2006年の11月にプローディ首相はアリタリアの危機を警告していた。その一ヶ月後、政府は、政府が所有する49、9パーセントの株式を売却することを決定した。

今年2月には、5つのグループが吸収合併先として名乗りをあげたが、さまざまな制約の強さから、じょじょに減っていき、7月には、アリタリアの会長がプラートに代わった。

理事会のエール・フランスーKLM選択は、満場一致だった。エール・フランスーKLMは、長期では65億ユーロの投資を実施するとしている。

しかしながら、労働組合 Cisl の書記長ボナンニは、無責任な決定で、国益に反するとして強く非難している。また決定の基準の透明性を求めており、ストライキも検討中である。

|

« 失業率、1992年以来の最低に | トップページ | 収入4万ユーロ以下の人に減税 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17481121

この記事へのトラックバック一覧です: アリタリアの理事会、エール・フランスを選ぶ:

« 失業率、1992年以来の最低に | トップページ | 収入4万ユーロ以下の人に減税 »