« フィアット、ポミリアーノ工場で再教育 | トップページ | あらゆる司教区にエゾルチスタを »

2007年12月29日 (土)

プローディ:イタリアは歩み始めた

2204_prodi_romano
プローディは、2007年、イタリアは回復し始めたという認識を示した(レプッブリカ、12月28日)。

プローディ首相は、2007年は財政健全化の年で、イタリアは緊急事態から抜け出し、歩み始めたとの認識を示した。来年が決定的な年になり、「生産性を上げて、給与を見直し、不安定さを振り払うということに、将来へむけて挑む年になる」との抱負を述べた。

今年度は、財政赤字は、GDPの2%にとどまる見通しだ。

また、プローディ首相は、かりに来年、2011年の任期終了前に選挙がある場合には、再び立候補する可能性を示唆した。首相はこれまで、2011年に任期が終了した際には、引退すると表明してきた。

|

« フィアット、ポミリアーノ工場で再教育 | トップページ | あらゆる司教区にエゾルチスタを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17512782

この記事へのトラックバック一覧です: プローディ:イタリアは歩み始めた:

« フィアット、ポミリアーノ工場で再教育 | トップページ | あらゆる司教区にエゾルチスタを »