« 収入4万ユーロ以下の人に減税 | トップページ | ドイツ人、イタリアの飲料を飲む »

2007年12月27日 (木)

アングリカンの危機意識

Pope_blair
イギリスで、教会に行く人の数において、カトリックが国教徒を越えた(レプッブリカ、12月24日)。

トニー・ブレアー元首相のカトリックへの改宗は、氷山の一角?だった。少なくとも、日曜日のミサに行く人の数では、カトリックがイギリス国教徒(アングリカン)を上回った。

3万7千の教会を対象に Christian Research の実施した調査によると、2000年から2007年にかけて、アングリカンの日曜のミサに出席する人は、20パーセント減少した。その結果、国教会の日曜のミサに出席する人は、85万2千人で、カトリックの86万1千人が追い越した。

信者数では、アングリカンが2500万人、カトリックは400万人に過ぎない。

この危機への対応の一つとして、国教会は、インターネットを使った信徒集会などを試みている。

|

« 収入4万ユーロ以下の人に減税 | トップページ | ドイツ人、イタリアの飲料を飲む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17492742

この記事へのトラックバック一覧です: アングリカンの危機意識:

« 収入4万ユーロ以下の人に減税 | トップページ | ドイツ人、イタリアの飲料を飲む »