« 家事を国内総生産に換算すると | トップページ | プローディ:アフガニスタンに留まるが、新たな戦略が必要 »

2007年11月27日 (火)

カブールで自爆テロ、死者10人

2062173180x140

Paladini
カブールで自爆テロがあり、10人が死亡した(レプッブリカ、11月25日)

アフガン人が9人、そのうち子供が6人、イタリアの軍人が1人亡くなった。イタリア人はダニエーレ・パラディーニ(写真)、准尉である。

事件は、バグマンというカブールの西15キロの地点で起こった。橋の再建を祝う行事に、35人のイタリア人兵士が護衛のため配置されていた。

犯人は外国人でパキスタン人ではないかと言われている。パラディーニ准尉は、カブールの軍病院に搬送される途中で死亡した。

他に、サルヴァトーレ・ディ・バルトロ大尉、ステーファノ・フェッラーリ大尉、アンドレア・バリアーニ上級伍長が負傷した。

ダニエーレ・パラディーニは1972年3月9日レッチェの生まれだが、家族とともにピエモンテに移住した。アレッサンドリア県のノーヴィ・リグレで育った。妻アレッサンドラと6歳の女の子イラーリアがいる。これまでに二回の海外派兵参加経験があった。1月にはイタリアに帰国する予定であった。

|

« 家事を国内総生産に換算すると | トップページ | プローディ:アフガニスタンに留まるが、新たな戦略が必要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17209405

この記事へのトラックバック一覧です: カブールで自爆テロ、死者10人:

« 家事を国内総生産に換算すると | トップページ | プローディ:アフガニスタンに留まるが、新たな戦略が必要 »