« エンツォ・ビアジ逝く | トップページ | ルクスリア、結婚式の証人になれない? »

2007年11月15日 (木)

ガリバルディは英雄ではない?

Ansa_11571382_35060
北部同盟の議員が、ガリバルディ生誕200年の会議を襲撃し、ガリバルディは英雄ではない、とするアジびらを配布した(レプッブリカ、11月7日)。

下院モンテチトーリオで開催されたガリバルディ生誕200年を記念する会議に、約10名の北部同盟の議員が《Padania Libera》(自由なパダーニャを)と書かれた横断幕を持って、副代表のアンドレア・ジベッリを先頭に闖入した。ビラには、「英雄なものか。我が国の広場からガリバルディの銅像を取り除け」と書いてあった。

この抗議行動は、イタリアの統一への反対(北部同盟は、イタリアという国家からの分離・独立を目指している)がキーとなっている。ビラには、ガリバルディは「裏切り者、傭兵、フリーメーソン、教会の敵、奴隷商人、詐欺師、家畜泥棒、戦争犯罪人」であると、さんざんにこき下ろしている。

与党の議員セヴェリーノ・ガランテ(Pdci)は、野卑な修正主義だと批判している。

|

« エンツォ・ビアジ逝く | トップページ | ルクスリア、結婚式の証人になれない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17078859

この記事へのトラックバック一覧です: ガリバルディは英雄ではない?:

« エンツォ・ビアジ逝く | トップページ | ルクスリア、結婚式の証人になれない? »