« シエナ銀行と新民主党 | トップページ | フィーニ、ベルルスコーニと決裂 »

2007年11月25日 (日)

与野党対話の用意

Berlusconi_prodiduello240
野党の盟主ベルルスコーニは与党と話し合いをする用意があると申し出た(レプッブリカ、11月20日)。

与党側のプローディやヴェルトローニは慎重に対応している。というのも、選挙法に関して、ドイツ方式をめぐり改正法案をつくることには同意しているが、ベルルスコーニは、法案ができたらすぐに、即ち2008年中に選挙を実施したいとしているからだ。

ヴェルトローニやプローディは、対話は歓迎だが、2008年は国会改革にあてるべきであるとの考えを示した。また、首相府は、ベルルスコーニの新党に関しては、時期尚早を理由にコメントを控えた。

プローディ首相は、ドイツの新聞に対し、イタリアに必要なのは二大政党であると述べた。

|

« シエナ銀行と新民主党 | トップページ | フィーニ、ベルルスコーニと決裂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17184372

この記事へのトラックバック一覧です: 与野党対話の用意:

« シエナ銀行と新民主党 | トップページ | フィーニ、ベルルスコーニと決裂 »