« ピノッキオ、テレビ映画化 | トップページ | ディーニ:与党にとどまるが、プローディ政権は末期だ »

2007年11月21日 (水)

修正予算案通過

Ansa_11281669_13250
上院で、修正予算案が通過した(レプッブリカ、11月16日)。

修正予算案は財政法により、予算案をその年ごとの条件を勘案して修正したものである。政府案は、上院で161票の賛成、157票の反対により通過した。

プローディは勝利し、パドア=スキオッパ財務大臣と抱き合った。逆に、野党のベルルスコーニは、政府が倒れると言い続けていたので、野党内に亀裂が入りそうだ。

四人の終身議員、レーヴィ・モンタルチーニ、チャンピ、スカルファロ、コロンボは、与党と投票行動をともにした。コッシーガは反対票を投じた。

|

« ピノッキオ、テレビ映画化 | トップページ | ディーニ:与党にとどまるが、プローディ政権は末期だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17147330

この記事へのトラックバック一覧です: 修正予算案通過:

« ピノッキオ、テレビ映画化 | トップページ | ディーニ:与党にとどまるが、プローディ政権は末期だ »