« フィーニ、ヴェルトローニと会談 | トップページ | 福祉政策、下院通過 »

2007年11月29日 (木)

星取り戦争、ミシュランはイタリアに辛い?

Ristorante
ミシュランのレストランガイドの2008年度版が出たが、イタリアには点が辛い(レプッブリカ、11月28日)。

最高点の三ツ星を取ったレストランが、イタリアは5つしかない。

フランス 26
ドイツ  9
スペイン 6
東京   8
イタリア 5
イギリス 3
ニューヨーク3
ベルギーおよびルクセンベルク2
ラスヴェガス1

となっている。ミシュランの評価はフランス寄りまたは、フランス化した料理に高い評価を与える傾向があるが、フランス26軒、ドイツ9軒に対し、イタリア5軒というのは、まともな評価とは思えない。

ちなみにイタリアの5軒は次の通り。フィレンツェのエのテカ・ピンキオーリ、ノヴァーラ県のアル・ソッリーゾ、マントヴァ県のダル・ペスカトーレ、ポルデノーネ県のレ・カランドレ、ローマのラ・ペルゴラである。

バスキのヴィッサーニのようなイタリアの大物が入っていない。

|

« フィーニ、ヴェルトローニと会談 | トップページ | 福祉政策、下院通過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17227071

この記事へのトラックバック一覧です: 星取り戦争、ミシュランはイタリアに辛い?:

« フィーニ、ヴェルトローニと会談 | トップページ | 福祉政策、下院通過 »