« 与野党対話の用意 | トップページ | ベルルスコーニによるRaiおよびMediaset の秘密支配網 »

2007年11月25日 (日)

フィーニ、ベルルスコーニと決裂

Fini01g
フィーニがベルルスコーニと決裂した(レプッブリカ、11月21日)。

野党連合の《自由の家》(La Casa delle liberta')は崩壊状態となった。

フィーニは、国民連合の票がベルルスコーニの新党に流れると考えるとしたら、大間違いだと批判した。としながらも、フォルツァ・イタリアやなんとかいう党(Come diavolo si chiama)に対して対話の用意はあるとしている。

ベルルスコーニは、選挙法改正がなったあとには、新民主党と(与野党の)大連合の可能性も示唆している。ただし、フィーニ抜きということになる。

キリスト教民主連合のカジーニは、このベルルスコーニ案に対し、満場一致的選択(le scelte plebiscitarie)であるとして批判的である。

|

« 与野党対話の用意 | トップページ | ベルルスコーニによるRaiおよびMediaset の秘密支配網 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17188372

この記事へのトラックバック一覧です: フィーニ、ベルルスコーニと決裂:

« 与野党対話の用意 | トップページ | ベルルスコーニによるRaiおよびMediaset の秘密支配網 »