« ニコレッタ・マントヴァーニは多発性硬化症だった | トップページ | ジョヴァンニ23世:パードレ・ピオ、とてつもない誤魔化し »

2007年11月 1日 (木)

パードレ・ピオの聖痕の疑惑

20071024_120254_7024
歴史家のセルジョ・ルッツァーティが、パードレ・ピオの聖痕に疑問を呈する本を書いた(コリエレ・デッラ・セーラ、10月24日)。

ルッツァーティがあげている疑惑の根拠は、一つは、1919年にピオ神父が、フェノール(石炭酸)を購入していること。これは、手の傷の治療に適する物質なのである。さらに、その数週間後、内密にしてほいてほしいという条件つきで、ヴェラトリン4グラムを求められたのだ。
 ヴェラトリンは有毒物質で、医者の処方がなければ出せない薬剤である。通常は、ミリグラムで溶かして使用するので、4グラムというのは、途方もない量であり、薬剤師は驚愕した。この薬剤師はフォッジャのヴァレンティーニ・ヴィスタという人物である。

薬剤師は、この薬物は、パードレ・ピオが手の傷を治療するためか、あるいは、手の傷をいっそう目立つようにするために用いたと考えている。

ルッツァートは《パードレ・ピオ、奇跡と20世紀の政治》(エイナウディ)でこうしたことを書いている。

ピオ神父は、1999年に福者(beato)に列せられ、2002年に聖人 san Pio da Pietrelcina に列せられている。

|

« ニコレッタ・マントヴァーニは多発性硬化症だった | トップページ | ジョヴァンニ23世:パードレ・ピオ、とてつもない誤魔化し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16938730

この記事へのトラックバック一覧です: パードレ・ピオの聖痕の疑惑:

« ニコレッタ・マントヴァーニは多発性硬化症だった | トップページ | ジョヴァンニ23世:パードレ・ピオ、とてつもない誤魔化し »