« フィーニ、UDC との提携へ | トップページ | フィーニとカジーニ、ベルルスコーニに対抗 »

2007年11月26日 (月)

イタリアーロシア、天然ガスで包括合意

Gasdotto_russia
モスクワで、イタリアとロシアが天然ガスを運ぶパイプラインの会社South Stream を設立した(レプッブリカ、11月23日)。

イタリアが天然ガスを買っている国は、比率の高い順にアルジェリア38%、ロシア35%、オランダ12%、ノルウェー8%となっている。

ロシアは2006年に価格の折り合いがつかずに、ウクライナへの供給をストップしたことがある。今回イタリアのENI とロシアのGazprom はロシアからヨーロッパへいたるパイプラインを作るプロジェクトを立ち上げた。ウクライナからは、黒海の地下を900キロメートルにわたり進み、対岸のブルガリアでふたたび地上にでる経路である。

最も深いところでは地下2000メートルに達し、技術的にも大きな挑戦となる。少なくとも150億ユーロを越える投資となる予定で、建設許可がおりてから、建設に3年はかかると見積もられている。

ブルガリアからは、二手に別れ、ドイツへいくコースとイタリアのプーリア州に向かうコースが想定されている。

|

« フィーニ、UDC との提携へ | トップページ | フィーニとカジーニ、ベルルスコーニに対抗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17198383

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアーロシア、天然ガスで包括合意:

« フィーニ、UDC との提携へ | トップページ | フィーニとカジーニ、ベルルスコーニに対抗 »