« エピファーニ、減税をもとめる | トップページ | Romeni と rom »

2007年11月 8日 (木)

外国人犯罪と強制退去

Pro180x140jpg
ローマで女性殺害事件が起こったのを機に、外国人の強制退去の権限を県知事に与える暫定措置令が承認された(コリエレ・デッラ・セーラ、11月2日)。

政府は、様々な法案を含む治安に関する一連の施策にとりかかっていた。犯罪行為に未成年を利用することを取り締まることや、治安を理由にEU市民を国外退去にする権限を知事に与えることなどが含まれていた。

ローマのトール・ディ・クィントで女性が暴行され、死亡した事件を機に、法案は、大急ぎで、暫定措置令に変わった。容疑者のルーマニア人は、自分はバッグを盗んだだけだと主張している。

この動きに対し、国民同盟のフィーニは批判的である。また、この事件がたとえばミラノでなく、ローマで起こったから暫定措置令がしかれたのではないか、という批判もある。

|

« エピファーニ、減税をもとめる | トップページ | Romeni と rom »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17009505

この記事へのトラックバック一覧です: 外国人犯罪と強制退去:

« エピファーニ、減税をもとめる | トップページ | Romeni と rom »