« ボローニャは衰退しているか | トップページ | お詫びとお断り »

2007年11月13日 (火)

マルキオンネ、フェッラーリをこわす

Ferrari_599_marchionne
フィアットの社長マルキオンネが交通事故でフェッラーリをぐしゃぐしゃにしてしまった(レプッブリカ、11月4日)

フィアット・グループの社長セルジョ・マルキオンネは、20万ユーロもする愛車フェッラーリを、スイスの高速道路、ジュネーヴ・チューリッヒ間で、ルノーに追突し、ついでガードレールにぶつかりこわしてしまった(写真)。前をいくルノー・ラグーナが、急ブレーキをかけたのに対し、マルキオンネもブレーキをかけたのだが、間に合わず、追突してしまったようだ。

マルキオンネのフェッラーリは、599Gtbフィオラノの赤で、600馬力以上ある。マルキオンネには巨額の罰金が課せられる可能性がある。

|

« ボローニャは衰退しているか | トップページ | お詫びとお断り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/17059225

この記事へのトラックバック一覧です: マルキオンネ、フェッラーリをこわす:

» 欧州カーオブザイヤー2008に「フィアット500」 [最新ニュースをお届けしています]
イタリア自動車大手フィアット(Fiat)の「フィアット500」が19日、欧州カーオブザイヤー2008に選ばれた。欧州22か国のモータージャーナリスト58人が選考委員を務めた。フィアット500は、レトロ感覚あふれるデザインが特徴。(c)AFP [続きを読む]

受信: 2007年11月21日 (水) 16時20分

« ボローニャは衰退しているか | トップページ | お詫びとお断り »