« サレルノ−レッジョの高速道路、おわらぬ工事 | トップページ | 小学校、週四日制の是非 »

2007年10月 6日 (土)

教皇、ラテン語のミサを準備

Papamessajpg
教皇が、旧来のラテン語のミサを準備している模様だ(コリエレ・デッラ・セーラ、9月30日)。

ヴァティカンでは新しい人事も起こり、機関紙 Osservatore Romano の新たな編集長にはジョヴァンニ・マリア・ヴィアンがなった。ヴィアンは、1952年生まれで、1991年からローマのサピエンツァ大学で教父哲学を教えている。

教皇庁の広報室長には、フェデリーコ・ロンバルディが任命された。

文化評議長には、ジャンフランコ・ラヴァージが任命されたが、彼の就任後、教皇が旧式のラテン語のミサをあげる可能性が出てきた。

教皇によるラテン語のミサは、1965年、第二ヴァティカン公会議の終結以降、40年間以上あげられていない。旧式の教皇のミサには、concelebrannti あるいは《corte》とよばれる教皇につきしたがう司祭が多数いた。しかしこれも現在は、廃止されている。

|

« サレルノ−レッジョの高速道路、おわらぬ工事 | トップページ | 小学校、週四日制の是非 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16680643

この記事へのトラックバック一覧です: 教皇、ラテン語のミサを準備:

« サレルノ−レッジョの高速道路、おわらぬ工事 | トップページ | 小学校、週四日制の是非 »