« 補正予算、固まる | トップページ | 教皇、ラテン語のミサを準備 »

2007年10月 5日 (金)

サレルノ−レッジョの高速道路、おわらぬ工事

308746
イタリアの南部、サレルノーレッジョ・カラブリア間の高速道路の修復工事はなかなか終わる見通しがたたない(コリエレ・デッラ・セーラ、10月1日)。

この高速道路A3 をつくるのには、11年(1963年から1974年)かかった。今日の金に換算すると1kmあたり560万ユーロかかっていたが、今日では、1Kmあたり2000万ユーロかかる見込みだ。

また、この修復・現代化には、14年(1998年から2012年)かかる見通し。総コストは、90億ユーロで、イタリア国民一人あたり152ユーロを負担することになる。

|

« 補正予算、固まる | トップページ | 教皇、ラテン語のミサを準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16670702

この記事へのトラックバック一覧です: サレルノ−レッジョの高速道路、おわらぬ工事:

« 補正予算、固まる | トップページ | 教皇、ラテン語のミサを準備 »