« 教皇:カモッラと戦うためには学校と仕事を | トップページ | マフィアはイタリア最大の企業? »

2007年10月28日 (日)

トレヴィの泉を赤く染めた犯人判明

Ansa_11445374_53100 ローマのトレヴィの泉を赤く染めた犯人が判明した(コリエレ・デッラ・セーラ、10月22日)。

犯人は、テレヴィカメラに写っていたが、帽子のひさしとサングラスで顔がはっきりわからないが、公安(Digos)は、グラツィアーノ・チェッキーニ、54歳を取り調べた。

犯人は、《Ftm Azione futurista 2007》と書いたちらしを残しており、自分を未来派と名乗ったわけだが、実際は、極右の活動家だった。

本人は、赤い染料を投げ入れた男と自分は似ているだけで、そもそも自分は未来派ではない、と無実を主張している。

|

« 教皇:カモッラと戦うためには学校と仕事を | トップページ | マフィアはイタリア最大の企業? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16903704

この記事へのトラックバック一覧です: トレヴィの泉を赤く染めた犯人判明:

« 教皇:カモッラと戦うためには学校と仕事を | トップページ | マフィアはイタリア最大の企業? »