« ヴェロニカ、ヴェルトローニの申し出を断る | トップページ | レッジョ・エミリア方式、アメリカ人を魅惑する »

2007年10月14日 (日)

教師の給与140ユーロ増額

Studenti_alla_maturita
小中高の教員の給与が平均140ユーロ増額となる(コリエレ・デッラ・セーラ、10月8日)。

公教育大臣と労働組合代表の48時間にわたる交渉の結果、学校の教職員の給与が、1月から平均で140ユーロ上がることになった。

また特別教育活動の手当は、時給28ユーロから35ユーロに増額される。

イタリアの教員の給与は次の通り。

2

ヨーロッパ諸国の中学校教員の給与は次の通り。
4

|

« ヴェロニカ、ヴェルトローニの申し出を断る | トップページ | レッジョ・エミリア方式、アメリカ人を魅惑する »

コメント

日本に比べると安いと思いますが、記載の給与以外に諸手当が無いのですか?

投稿: andy | 2007年10月16日 (火) 03時58分

補修授業をやるとその手当がつくようです。しかし、僕の知るかぎりでは、イタリアの教員は学校での拘束時間が短いので、残業手当や諸手当はほとんどないと思います。
 

投稿: panterino | 2007年10月16日 (火) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16751879

この記事へのトラックバック一覧です: 教師の給与140ユーロ増額:

« ヴェロニカ、ヴェルトローニの申し出を断る | トップページ | レッジョ・エミリア方式、アメリカ人を魅惑する »