« 教皇:不安定雇用は倫理的緊急事態である | トップページ | 左翼急進派のデモ、100万人 »

2007年10月28日 (日)

教皇:第二ヴァティカン公会議以降、混乱が広がった

Photo 教皇ラッツィンガーは、Loe Scheffzyk (写真)についての本でインタビューに応じ、第二ヴァティカン公会議以降、教会に混乱が広がったと論じた(コリエレ・デッラ・セーラ、10月20日)。

本は、『カトリック信仰の世界』で、2005年に亡くなった Leo Scheffczyk枢機卿の主著の一つ。

ラッツィンガー教皇によれば、第二ヴァティカン公会議のあと、彼とScheffczykはともにドイツ教義会議に出席していたが、公会議後は、それまでに確定していたことがそうでなくなり、混乱していたという。

そのときに普段はおとなしいが、理論的には毅然として、保守派の支柱になtったのが、Leo Scheffczyk であった。

|

« 教皇:不安定雇用は倫理的緊急事態である | トップページ | 左翼急進派のデモ、100万人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16900582

この記事へのトラックバック一覧です: 教皇:第二ヴァティカン公会議以降、混乱が広がった:

« 教皇:不安定雇用は倫理的緊急事態である | トップページ | 左翼急進派のデモ、100万人 »