« イタリア、ヨーロッパ議会の議席減る | トップページ | アルドモーロの末息子の回想記 »

2007年10月19日 (金)

ドロミーティで山頂崩落

Ansa_11396030_26480
ドロミーティで、ある山の頂上が突然崩落した(コリエレ・デッラ・セーラ、10月13日)。

頂上部分の岩、約6万立方メートルが崩れ落ちた。ヴァル・フィスカリーナと呼ばれる地区にある山で、標高2600メートル。

この崩落により、巨大なちりの雲が発生した。セスト・プステリアの市長は安全が確保されるまで一帯を立ち入り禁止とした。

幸い、今のところ、人命にかかわる被害は確認されていない。

|

« イタリア、ヨーロッパ議会の議席減る | トップページ | アルドモーロの末息子の回想記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16812831

この記事へのトラックバック一覧です: ドロミーティで山頂崩落:

« イタリア、ヨーロッパ議会の議席減る | トップページ | アルドモーロの末息子の回想記 »