« 少年犯罪、厳罰路線 | トップページ | パヴァロッティ夫妻は危機に瀕していた? »

2007年9月14日 (金)

マクラーレンは罰せられ、ドライバーは救われる

Ron2_a FIA(国際自動車連盟)の判決が、マクラーレン、フェラーリを巻き込んだスパイ事件に対して出された(この項、Corriere.it 9月13日)。

マクラーレンは、スパイ行為を犯したことに対し、1億ドルの罰金を科された。しかしドライヴァー(pilota)のアロンソおよびハミルトンは、捜査にも協力したということでお咎めなしということになった。

マクラーレンは控訴するかどうかを決定するために24時間が与えられた。

|

« 少年犯罪、厳罰路線 | トップページ | パヴァロッティ夫妻は危機に瀕していた? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16442416

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレンは罰せられ、ドライバーは救われる:

« 少年犯罪、厳罰路線 | トップページ | パヴァロッティ夫妻は危機に瀕していた? »