« パヴァロッティの最後の決断 | トップページ | グリッロの政治家批判 »

2007年9月22日 (土)

ボローニャのモスク

Igua_11171323_04230
ボローニャにモスクを建てる計画に、市長コッフェラーティがいったんまったをかけた(コリエレ・デッラ・セーラ、9月19日)。

市議会がいったんは裁可したサン・ドナート地区への建設計画をいったん取り消し、住民と話しあって決めようと、市長は申し出た。計画では、6万2000平方メートルの敷地に、6000平方メートルの建物が建てられる予定。

コッフェラーティは、モスクを建てること自体を否定しているのではなく、どのように建てるかは、市民(住民)と話し合って決めるべきだとしている。

この展開を、北部同盟や国民同盟は歓迎している。市議会は10月30日に結論を出す予定である。

|

« パヴァロッティの最後の決断 | トップページ | グリッロの政治家批判 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16538462

この記事へのトラックバック一覧です: ボローニャのモスク:

« パヴァロッティの最後の決断 | トップページ | グリッロの政治家批判 »