« 不法滞在者に貸したアパートを押収 | トップページ | 政府専用機の使用規制強化へ »

2007年9月30日 (日)

ショッキングな反拒食症キャンペーン

Mani
オリヴェーロ・トスカーニの反拒食症キャンペーンのショッキングな宣伝が反響を呼んでいる(コリエレ・デッラ・セーラ、9月25日)。

トスカーニは、「いつものように、レポーターとしての仕事をした。自分の時代の証言をしているのだ」と述べている。モデルは、フランス人女優でコメディアンのイザベル・カーロ。

このキャンペーンは、イタリアの街に大きな看板で、彼女の2枚のヌード写真を掲示した。スポンサーは、パドヴァの Flash & Partners の服飾ブランド No.l.ita 。イザベルは1メートル65センチで31キロ。最悪時は25キロだったという。現在27歳で、14歳から拒食症となった。

この看板は3メートル×6メートルの巨大なもので、知らずに通りすぎることはできない。

保健大臣のリヴィア・トゥルコは、トスカーニがこのテーマを喚起したことは重要だと思うと語った。また、ジョルジョ・アルマーニは、彼女がなぜ拒食症になったのかを理解するために彼女を知りたいと語っている。ドルチェ&ガッバーナは、「やっと拒食症についての真実を言ってくれる人が出てきた。ファッションの問題というよりは、精神医学の問題だ」という。

反対もある。ローマのウンベルト1世摂食障害センターのカミッロ・ロリエードは、この写真は、拒食症でない人には多くの恐怖をかきたて、拒食症の人には、まねをしようとする人が出てくる恐れがあると批判している。

この広告は、レプッブリカ紙をはじめいくつかの新聞には掲載されたが、コリエレ・デッラ・セーラ紙は掲載を拒否した。拒食症患者の尊厳と読者の感受性を尊重するためである。

|

« 不法滞在者に貸したアパートを押収 | トップページ | 政府専用機の使用規制強化へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16614343

この記事へのトラックバック一覧です: ショッキングな反拒食症キャンペーン:

» 【過食症とは】 [過食症 ブログ ~過食症の原因と治療法について~]
摂食障害の一つです。正式には「神経性大食症(Bulimia Nervosa)」といわれています。bulimiaの語源的には『牛のように食べる』という意味があるそうです。症状としては自分では止められない感覚を伴って大量にものを食べることが定期的に起こります。過食症の中には、体重の増加を怖れるために代償行為を行ないます。種類としては排出型と非排出型があります。排出型は自己誘発嘔吐(過食嘔吐)または下剤を乱用する浄化行為非排出型は絶食... [続きを読む]

受信: 2007年10月 4日 (木) 01時16分

« 不法滞在者に貸したアパートを押収 | トップページ | 政府専用機の使用規制強化へ »