« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

政府専用機の使用規制強化へ

Art_jpgphp
大臣は、基本的に政府専用機をやむをえない場合以外は、使用する権利がないことになった(コリエレ・デッラ・セーラ、9月26日)。

大臣は、やむをえない必要があり、他の航空路線が入手不可能なときには、利用可能だが、副大臣、次官はすべて除外された。

政府機の使用権を持つのは、大統領およびその前任者、上下院議長、首相および憲法裁判所長である。

イタリアの政府専用機には、3機のエアバス319CJ、7機のファルコン、2機のヘリコプターがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショッキングな反拒食症キャンペーン

Mani
オリヴェーロ・トスカーニの反拒食症キャンペーンのショッキングな宣伝が反響を呼んでいる(コリエレ・デッラ・セーラ、9月25日)。

トスカーニは、「いつものように、レポーターとしての仕事をした。自分の時代の証言をしているのだ」と述べている。モデルは、フランス人女優でコメディアンのイザベル・カーロ。

このキャンペーンは、イタリアの街に大きな看板で、彼女の2枚のヌード写真を掲示した。スポンサーは、パドヴァの Flash & Partners の服飾ブランド No.l.ita 。イザベルは1メートル65センチで31キロ。最悪時は25キロだったという。現在27歳で、14歳から拒食症となった。

この看板は3メートル×6メートルの巨大なもので、知らずに通りすぎることはできない。

保健大臣のリヴィア・トゥルコは、トスカーニがこのテーマを喚起したことは重要だと思うと語った。また、ジョルジョ・アルマーニは、彼女がなぜ拒食症になったのかを理解するために彼女を知りたいと語っている。ドルチェ&ガッバーナは、「やっと拒食症についての真実を言ってくれる人が出てきた。ファッションの問題というよりは、精神医学の問題だ」という。

反対もある。ローマのウンベルト1世摂食障害センターのカミッロ・ロリエードは、この写真は、拒食症でない人には多くの恐怖をかきたて、拒食症の人には、まねをしようとする人が出てくる恐れがあると批判している。

この広告は、レプッブリカ紙をはじめいくつかの新聞には掲載されたが、コリエレ・デッラ・セーラ紙は掲載を拒否した。拒食症患者の尊厳と読者の感受性を尊重するためである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月29日 (土)

不法滞在者に貸したアパートを押収

Immi180x140
ヴェローナで不法滞在者に貸していたアパート16戸が押収され、各家主には1万5000ユーロの罰金が科された(コリエレ・デッラ・セーラ、9月25日)。

これはイタリア初の措置である。不法移民を搾取したものは、その財産まで押収されるおそれがあるという前例となる。

押収されたアパートの住人は、ほとんどが非欧州人で、その多くは、麻薬売買および不法移民の受け入れに関わっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガルラスコ殺人事件、新展開

0jovil1c140x180
ガルラスコの殺人事件で新証拠が見つかった(コリエレ・デッラ・セーラ、9月25日)。

この事件、8月13日にキアラ・ポッジ(26歳)がガルラスコの自宅で何者かに頭を凶器で殴られ死亡したもの。凶器が発見されておらず、動機も不明で、捜査は難航している。事件の翌日には、キアラの婚約者アルベルト・スタージ(写真)が数時間にわたって事情聴取をうけたが、彼は一貫して無実を訴えている。

このたび、アルベルトが勾留されたのは、新証拠が見つかったためだ。アルベルトの自転車のペダルに、キアラの血痕が発見されたのである。この血痕は目視でも、ルミノール反応でも発見できなかったものだという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党、党首選、ヴェルトローニがリード

Veltroni_mano_inf200x150
10月14日に結成される新たな政党、民主党の党首選は、ヴァルター・ヴェルトローニが優位にたっている(コリエレ・デッラ・セーラ、9月24日)。

ヴェルトローニは現在、ローマ市長。彼はすでに民主党が「イタリア政治に歴史的変化をしるすであろう」と語ったばかりでなく、将来の連立についても述べている。「もはや非常に広範で、異質なものを寄せ集める連立はありえない」。なぜなら、明快で理解しやすい提案をしなければならないからだ。

現在の時点で、民主党のリーダー有力候補は、ヴェルトローニ、ロジー・ビンディ、エンリコ ・レッタといったところだが、支持率は次の通り。

有権者全体では、 ヴェルトローニ (69%)、 ビンディ (12%)、 レッタ(5%)となっている。
DS(左翼民主党)の有権者ではヴェルトローニ(85%)、ビンディ(10%)、レッタ(1%)。
マルゲリータ党の有権者では、ヴェルトローニ(69%)、ビンディ(14%)、レッタ(8%)となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

ミスイタリアのB面

0jorzu8q140x180
ミスイタリアで、お尻のアップを映すかどうかが問題になった(コリエレ・デッラ・セーラ、9月23日)。

ことの発端は、審査員の一人グイッレルモ・マリオットが、候補者の後ろ側も見たいという発言だった。お尻は、胸と異なり、整形がしにくいのだという。

マリオットによれば、決勝に残った50人のうち、お尻の美しいのは10人だけということだ。

この議論はまじめなものとなり、RAI のディレクター、ファブリツィオ・ディ・ノーチェも行き過ぎなければ、候補者はそちら側も見せるのはもっともなことだ、とコメントしている。また審査委員長のシモーナ・イッツォも同意している。

国民同盟の女性議員サンタンケは、この意見に対し憤慨し、ストライキをするべきだと呼びかけている。

元ミスワールドのブラジル人カリーナ・ミケリンは、「ヨーロッパでは胸に重点が置かれすぎているけど、整形されていることが多いの。ブラジルでは違うわ。お尻は、根本的に重要よ」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

拘置所、再び一杯に

San140x180
一年前に恩赦を実施して、拘置所から2万6千人強を釈放したが、再び、定員を越える状態になってしまっている(コリエレ・デッラ・セーラ、9月22日)。

一年前に恩赦によって2万6762人を釈放したが、22%が再び牢屋に戻ってきてしまった。今日、拘置所の非拘留者は4万5985人。定員を3000人超過している。

クレメンテ・マステッラ法相は、恩赦後、再犯率は上がっておらず、恩赦という措置は機能したと主張している。恩赦以前は、再犯率は、48%であったが、恩赦後は42%に下がっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

ポルタ・ピア祭、復活か

Ppia1

02212
9月20日のポルタ・ピア祭を復活させるかいなかの議論が起こっている(コリエレ・デッラ・セーラ、9月20日)。

1870年9月20日、イタリア狙撃隊は、ポルタ・ピア(ピア門)の突破口からローマに入城し、教皇の世俗権力にとどめを刺し、イタリア統一を果たした。

1895年の401号法律では、この日を祝日と定めていた。しかし、ムッソリーニによってこの祝祭はとりやめられた。実際、1930年のポルタ・ピア祭が最後の祭りとなった。これにとってかわってラテラーノ条約記念日が祝日となったのである。

しかし、これまで知られているのとは異なり、ムッソリーニのヴァティカンに対する抵抗は小さなものではなかった。教皇パオロ6世が1970年に認めたように、ムッソリーニもポルタ・ピア(ローマのイタリア併合)は、すべての人にとって、教会にとっても良いことだったと考えていた。

しかし教皇庁のねばり強い交渉もあって、1.イタリア各都市の20 settembre 通りという名前は変えないこと、2.学校の歴史の教科書からポルタ・ピアの事件を削除しないこと、を条件にして、祭りはやめたのである。

この議論に関しては、アントニオ・ディ・ピエッロの《L’ultimo giorno del papa re》(王としての教皇、最後の日)(Mondadori, pp.326, 18,50ユーロ)が最近出版された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

《題名のない子守唄》

Imm
ジュゼッペ・トルナトーレ監督《題名のない子守唄》を見た(銀座シネスイッチ)。

原題は、《La sconosciuta》で見知らぬ女、正体不明の女という意味である。映画冒頭にトルナトーレからのメッセージとして結末は他の人に話さないでください、という意味の言葉が字幕ででたので、あらすじは詳しく書けないが、主人公の女性は、ウクライナ出身の女性で、それがイタリアのトリエステに住み込みのお手伝いさんとして働くという設定である。

この女性は、以前に犯罪組織のからんだ売春をさせられていた過去を持つ。トリエステでは、ある親子三人の家に、お手伝いとして雇われるが、彼女はそれが実現するために、さまざまな工作をする。なぜ、そんなことをするのか、というのが、ミステリー仕立てとなっている。また、それが彼女の過去とどうかかわっているのも、謎めいており、こちらの興味を引く。

予告篇で、主題歌のように扱われていた音楽は、彼女の出身のウクライナの子守唄のメロディーということになっているが、音楽担当のモリコーネのオリジナルであるらしい。全編にわたって、音楽と画面の関係は、でしゃばりすぎず、性格描写も適切で、実に素晴らしい。

R−15の指定となっており、やや刺激的な画面もあり、テーマも重いのであるが、観客を引っ張り込むしかけが随所にあり、子役は抜群にうまく、主人公の影のある女性の存在感も巧みに描かれ、一気に見終えてしまった。

ミケーレ・プラチド、マルゲリータ・ブイといったおなじみの男優、女優も出演している。プラチドの姿、役柄は、意外なもので、お楽しみの一つであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月22日 (土)

グリッロのプローディ批判

Gri140x180jpg
ベッペ・グリッロがプローディ首相をアルツハイマーと呼び、顰蹙をかった(コリエレ・デッラ・セーラ、9月19日)。

ジェノヴァの喜劇役者ベッペ・グリッロは自らのブログで、日々、プローディ首相への批判のトーンを強め、プローディはヴァリウム(精神安定剤)であるとしていたが、さらに、プローディはアルツハイマーと書き、与野党の政治家から逆にグリッロが批判され、医師、アルツハイマー患者からの抗議を浴びている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリッロの政治家批判

Gri180x140jpg

ベッペ・グリッロが政治家批判を強めている(レプッブリカ、9月18日)。

グリッロは、映画《アンタッチャブル》のなかでロバート・デニーロ扮するアル・カポネが言ったせりふを引用して、「政治家はおしゃべりとテレビばかりだ」と痛烈に批判した。

これに対し、プローディ首相は、彼が選挙のリストを作るなら政策提案をすべきだとし、自分は事故がないかぎり、5年の任期最後まで務めるだろうと述べた。

また、ダレーマは、グリッロの言説は危険なもので、政党批判が行き過ぎて、政党がないところでは、結局、軍隊や銀行家が支配する世の中になる、と警告している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボローニャのモスク

Igua_11171323_04230
ボローニャにモスクを建てる計画に、市長コッフェラーティがいったんまったをかけた(コリエレ・デッラ・セーラ、9月19日)。

市議会がいったんは裁可したサン・ドナート地区への建設計画をいったん取り消し、住民と話しあって決めようと、市長は申し出た。計画では、6万2000平方メートルの敷地に、6000平方メートルの建物が建てられる予定。

コッフェラーティは、モスクを建てること自体を否定しているのではなく、どのように建てるかは、市民(住民)と話し合って決めるべきだとしている。

この展開を、北部同盟や国民同盟は歓迎している。市議会は10月30日に結論を出す予定である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

パヴァロッティの最後の決断

0joikygn140x180
パヴァロッティの遺言が2つあり、解釈でもめる可能性が出てきた(コリエレ・デッラ・セーラ、9月18日)。

1つは6月13日にモデナで作成されたもの。法律の規定通り、遺産の半分は四人の娘(最初の妻との3人の娘、ロレンツァ44歳、クリスティーナ42歳、ジュリアーナ39歳と、二人目の妻との娘アリーチェ4歳)で分けることになっていた。

しかし7月29日にペーザロで作成された遺言には重要な規定があることがわかった。二番目の妻ニコレッタがトラストの執行人に任命されているのである。トラストはアングロサクソン的な制度で、相続対象から取り除かれる。トラストの対象となった遺産は、ニューヨークの三つのマンションと、家具、絵画など。マンションは、セントラルパークをみおろすビルにあり、もともとソフィア・ローレン所有のもの。三つあわせて、1000万ドル相当と推定されている。家具、絵画をあわせると、1500万ドル相当がトラストのものとなる。

そうなると、4人の娘が相続するのは、遺産の半分の半分となってしまう。
すなわち、トラストに引き取られる遺産は、パヴァロッティの全遺産の約半分と考えられている。
つまり、パヴァロッティの遺産は、3000万から4000万ドルであったと推計されているのである。

しかし、7月の遺言が作成された時点では、トラストは出来上がっていなかったと考えられており、その点がこれから係争のポイントになる可能性がある。最初の妻の三人の娘は、ファブリツィオ・コルシーニ弁護士とともに法廷闘争を宣告した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

ベッペ・グリッロの政治的呼びかけ

Grillo_eng_2 ブログで有名なベッペ・グリッロが政治的な呼びかけを展開している(レプッブリカ、9月17日)。

グリッロのブログは2005年に始まったが、いまやイタリアで最もアクセスの多いブログで、一日約16万人が読んでいる。

そこから発生したグループが10月6日に集会を開く呼びかけをしているが、すでに30万人が署名している。

グリッロは、政治を政党まかせにせず、市民の直接的参加が必要だとしている。ただし、自分の政党を結成する気はないとも断っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

国内総生産の見通し、下方修正

Portugal_a パドア=スキオッパ経済大臣は、国内総生産の見通しが下方修正されると語った(Corriere.it,9月16日)。

今夏以降、ヨーロッパ経済およびイタリア経済の状態は良好であるが、来年度以降の国内総生産の見通しに関しては、下方修正すると語った。

これに関連し、イタリア銀行総裁マリオ・ドラーギは、4半期の銀行の決算を見ないと、米国のサブプライム問題に関し、最悪の状態を脱したと断言するのは早すぎると語った。ドラーギ総裁によれば、0,2パーセント程度、経済成長にブレーキがかかった可能性があるという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犯罪捜査にDNAバンクを

Rute180x140

副首相のルテッリは、犯罪捜査にDNAバンクの活用を打ち出した(Corriere.it, 9月15日).

ルテッリによれば、海外で実施されているDNAバンクの活用により、多くの犯罪が、未解決のままではなく、解決することが可能になるであろう、と語った。

次回の閣議で法案が検討される予定である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

パヴァロッティ夫妻は危機に瀕していた?

Nicoletta パヴァロッティ夫妻は危機に瀕していたと、パヴァロッティの女友達が語った(この項,Corriere.it 9月12日による)。

ルチャーノ・パヴァロッティが亡くなり、公証人が遺産の配分を明らかにした。それによると、4人の娘(三人は最初の夫人との間に生まれ、四人目は二人目の夫人にコレッタとの間に生まれた)で50パーセントをわけ、ニコレッタに25パーセント、残りの25パーセントが調整分とのこと。

また、ここ数年パヴァロッティ夫妻は危機に瀕していたと、ルチャーノの女友達は語っている。彼女によれば、ニコレッタは、パヴァロッティを一人にし、彼のお気に入りの友達を遠ざけ、お金の話ばかりし、前妻との間の娘の悪口を言って彼を苦しめたという。そして、この話は葬儀のあとでおおやけにしてくれという依頼をうけて、彼女は新聞社のインタビューに応じたのだという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクラーレンは罰せられ、ドライバーは救われる

Ron2_a FIA(国際自動車連盟)の判決が、マクラーレン、フェラーリを巻き込んだスパイ事件に対して出された(この項、Corriere.it 9月13日)。

マクラーレンは、スパイ行為を犯したことに対し、1億ドルの罰金を科された。しかしドライヴァー(pilota)のアロンソおよびハミルトンは、捜査にも協力したということでお咎めなしということになった。

マクラーレンは控訴するかどうかを決定するために24時間が与えられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

少年犯罪、厳罰路線

Baby180x140_3 少年犯罪に対し、収監を可能にする判決が破毀院で出た(この項、Corriere.it. 9月10日)。

アパートで盗みをはたらいたり、路上でのひったくり、かっぱらいなどの犯罪に対し、これまでは、予防拘禁的な措置を、子供に対して適応するのは妥当でないと解釈されてきたが、このたび破毀院が収監を可能にするような判決を出した。

これにより、10歳以上であれば、収監が可能となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

パヴァロッティ、死す

Pavarotti テノール歌手ルチャーノ・パヴァロッティが膵臓癌のため亡くなった。71歳だった(この項、Corriere.it 9月6日、7日、8日による)。

パヴァロッティのデビューはレッジョ・エミーリアで、《ラ・ボエーム》のロドルフォ役だった。

しかし世界的に有名になるきっかけは、1972年にニューヨークのメトロポリタン歌劇場で《連隊の娘》を歌い、高いド(do di petto)が9回出てくるのをどれも完璧に歌いこなし、拍手喝采をあびてからだとされている。

また、パヴァロッティは晩年にかけて、歌劇場でオペラを歌う以外の活動が目立ち、そこが彼の評価を左右する一つのポイントとなっている。とりわけ、パヴァロッティ&フレンズではボーノをはじめとするロックスターとの共演がマスコミの注目を集めたが、これは彼のアシスタントで後に妻となったニコレッタがロック・ファンであったことが影響しているようだ。

60歳を越えてニコレッタと恋におちたが、結婚までの道はけわしく、前妻アドゥアとの慰謝料をめぐる裁判は長く、きびしいものだった。アドゥアはマネージャー業を営んでおり、パヴァロッティのほかに、彼と同郷のミレッラ・フレーニや指揮者ダニエル・オレンを抱えている。

パヴァロッティは、2003年に結婚、そのときにはニコレッタは双子を妊娠していたが、男の子は死産で、女子アリーチェが生まれた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

恋するドン・サンテの続報

Don_sante2

教区の女性に恋をして、司教から辞任を要求されていたドン・サンテに対し教区民の投票があり彼が教区にとどまることが支持された(レプッブリカ、9月6日)。

教区の集会では、心理療養士が、ドン・サンテが他の女性とも関係を持ったことが暴露され、一時は会場が騒然となった。

最終的な投票では、200票以上がドン・サンテが教区に留まることに賛成、反対は17票のみであった。

パドヴァのアントニオ・マッティアッツォ司教は、教区に別の司祭を送るとしており、ドン・サンテは教区の兄弟・姉妹(教区の人々)の支持がある限り、ここを去らないとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アリタリア、ミラノ・マルペンサの154便をカット

Alitalia_154

アリタリア航空がミラノ・マルペンサ空港を往来する154便をカットする案を打ち出した(レプッブリカ、9月4日)。

3日に経営者側と労働組合のトップ会談があった。今から2008年4月にかけてより体質をスリム化し、会社の魅力を増そうという計画である。

アリタリアを買収しようと考えている航空会社には、エア・フランス、ルフトハンザがいるが、ブリティッシュ・エアウェイズも公式にコメントはしていないものの関心を持っている模様。

労使の話し合いでは、保有する飛行機(Md80を11機、Atr72を10機、Boeing767を2機)を減らし、154便をカットする。

なくなるのは、カターニャ、パレルモ、フィレンツェ、ボローニャ、ピサ、ヴェネツィアおよびチューリッヒ、ジュネーブ、ミュンヘンの何本化)で、これらはミラノ・リナーテ空港からの便でおおむね代替する。

ミラノにとってより痛手なのは、長距離の海外便が減ることで、確保されたのは、ニューヨーク、東京、ブエノスアイレスのみで、14の目的地がローマ・フィウミチーノ空港に移動になる見込み。

また、業務のいくつかは外部化される。したがって地上勤務員の制服は、バーリ、ブリンディシ、フィレンツェ、カターニャ、パレルモなどの小さな空港では見られなくなる。

労働組合はこの案に対し、懸念を示している。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

Confindustria, 所場代を払った企業は追放

Confindustria 企業家の団体 Confindustria が組織暴力に抵抗せずに、所場代をはらった場合、追放処分にすることを決めた(レプッブリカ、9月2日)。

組織暴力への協力を実際に拒むためには、軍隊の派遣が必要だとして、要求している。

Confindustriaの会長ルーカ・コルデロ・ディ・モンテツェーモロの代理アリティオリは、1992年のマフィアによるファルコーネ判事およびボルセッリーノ判事虐殺の直後のように軍隊による作戦が必要だとし、防衛大臣に軍隊の派遣を要請したことを明らかにした。

所場代を払った企業家が追放となるという条項の採用は、画期的なものとされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

恋に落ちた司祭

Don_sante_fermo_sky200x150パドヴァ県のモンテロッソの教区司祭が教区の女性と恋におちたが司祭をやめないと主張している(レプッブリカ、8月31日)。

この司祭はドン・サンテ・ズグオッティ。

先週の火曜日には、新聞記者に対し、女性と関係は持っていないし、子供もいないと語っていた。しかし質問攻めにあい、教区のある若い女性に貞潔な愛を抱いていることを認めた。

司祭は、記者会見の終わりに、彼女が望めば、正式に貞潔な婚約をしたいと語った。また、司祭を続けたいとも語った。

パドヴァのアントニオ・マッティアッツォ司教は、8月29日にドン・サンテに教区司祭を辞任するよう求める手紙を送ったが、ドン・サンテは、辞任するつもりはないと語った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

アリタリア、赤字路線削減か

Alitalia5 アリタリアの理事会があらたな生き残り策を提案した(コリエレ・デッラ・セーラ、8月31日).

8月30日に理事会で可決された《生き残り/移行》2008-2010は、すぐに労働組合に示された。

ロンバルディアの組合の反応は厳しいものだった。なぜなら、ミラノ・マルペンサ空港が国際的なハブ空港であることから格下げになる内容であったからだ。

具体的にどの路線とは示されていないものの、赤字路線をカットするというもの。また現在の赤字は維持しがたいものであり、二つのハブ空港(ローマとミラノ)を効率的かつ生産的に運営していくのは不可能である、というドラマティックな内容を含んでいた。

2007年の上半期で比較すると、ローマ・フィウミチーノが6万4203便、ミラノ・マルペンサが6万1154便で僅差である。しかし、ローマは3分の2が国内便である。

UE以外の国との便を考えると、ミラノは1万8347便(78パーセント)で、ローマは5680便(24パーセント)となる。

ミラノからは週に202便のインターコンチネンタル便が飛んでいるが、パイロットや乗務員の81パーセントはローマを根拠地とし、ミラノを根拠地としているのは19パーセントにすぎない。そのため、ミラノはコストの点で不利になっているとロンバルディアの組合は主張している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

獄中のボスに葉書

Riina 獄中にあるマフィアのボス、トト・リーナとベルナルド・プロヴェンツァーノ宛に「平和は終わった」と書かれた葉書が送られてきた(コリエレ・デッラ・セーラ、8月30日)。

葉書はトト・リーナ宛であったが、宛先の住所が via Borsellino となっており、7月20日に送られたものであった。

住所はわざと間違えられ、マフィアによって殺害されたボルセッリーノ判事の名前を用いているし、投函された日は、ボルセリーノ殺害の翌日である。

こうしたことから、この葉書のメッセージをどう読み解くのかは、いくつかの説がある。

1つは、マフィアの内部での動きを、暗号化して述べているというもの。

また、マフィアの国家権力への挑戦が終わっていないことを、示しているとする説もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »