« プッチーニの秘密の愛人 | トップページ | プローディ、減税に言及 »

2007年8月30日 (木)

キアラ・ポッジ殺人事件、血まみれの衣服発見

Garlasco_carabinieri01g ガルラスコで若い女性が殺害され、婚約者が取り調べを受けている事件jに関し、現場から数キロの地点で血まみれの衣服が発見されていた(コリエレ・デッラ・セーラ、8月28日)。

発見されたのは、男もののズボンとテニスシューズなど。発見されたとき見たところ血がついているように思われたという。

それが本当に血なのか、当殺人事件と関係があるのか、ないのか、などを含め科学的な鑑定を、パルマの科学捜査班が実施している。

この操作の結果しだいでは、事件は大きな転回点を迎えることになる。

捜査当局は、犠牲者のキアラ・ポッジには秘密の恋人や、秘密の生活はなかったことを明らかにした。キアラに逸脱したところがないことから、殺害動機がなんであったかが問題となってくる。

|

« プッチーニの秘密の愛人 | トップページ | プローディ、減税に言及 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16282388

この記事へのトラックバック一覧です: キアラ・ポッジ殺人事件、血まみれの衣服発見:

« プッチーニの秘密の愛人 | トップページ | プローディ、減税に言及 »