« 職場のいじめ | トップページ | フィジケッラ、税務当局と合意に達する »

2007年8月26日 (日)

折半小作の歴史

Al_lavoro 折半小作が、イタリアで1000軒を切った(レプッブリカ、8月25日)。

その簡単な歴史と現在の統計が紹介されている。

折半小作(収穫物を地主と小作人で分ける)は、13、14世紀に生まれた。

18世紀には、トスカナ公国のレオポルドの改革が、マレンマ地域の改良のために実施された。

20世紀初頭、地主、小作人の取り分は50パーセントずつだった。

1946年 激しい階級闘争の状況の中で、取り分が農民54パーセント、地主46パーセントに変更された。

1964年 農業契約に関する改革により、取り分が農民64パーセント、地主36パーセントとなる。

その後、1974年、1982年に新たな契約を結ぶことが禁じられたり、地主の権利が弱められるなどして、事実上、折半小作の歴史は終わったといわれている。

2006年 折半小作は1000軒以下となり、事実上、消滅しかかっている。

現在、74パーセントの農家が土地所有者でもある。

農家の中心人物が35歳以下なのは、3,9パーセント。

バイオロジカルな農業を選択している農家は2,1パーセント、となっている。

|

« 職場のいじめ | トップページ | フィジケッラ、税務当局と合意に達する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16243310

この記事へのトラックバック一覧です: 折半小作の歴史:

« 職場のいじめ | トップページ | フィジケッラ、税務当局と合意に達する »