« 世界同時株安 | トップページ | EUがイタリアの年金受給開始が早すぎると批判 »

2007年8月13日 (月)

容疑者の釈放が安易か?

Mastella_3

法務大臣クレメンテ・マステッラが、犯罪容疑者の安易な釈放について調査を命じた(コリエレ・デッラ・セーラ、812日)。

いくつかの事件で、安易(と思われる)釈放が続き激しい批判が起こった。一つはサンレモの事件で、ある男が元婚約者を殺害したのであるが、その男はすでに別の女性殺害の疑いで取調べをうけていたのに、自由の身となっていたのである。

また、ラティーナで放火事件を起こした羊飼いもすぐに釈放されていた。

マステッラ法務大臣は、関係する情報を収集するよう命じたが、コロッセオ的な恣意的判決は望まないとしている。

しかし idv のマッシモ・ドナーディは、大臣の介入主義は無益で、むしろ「法の穴を見直すべきである」としている。つまり、疑わしきは罰せずの哲学が、なるべく濫用されないよう法体系の見直しが求められているのである。

くだんの放火犯は共犯とともに再逮捕されている。

|

« 世界同時株安 | トップページ | EUがイタリアの年金受給開始が早すぎると批判 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16093540

この記事へのトラックバック一覧です: 容疑者の釈放が安易か?:

« 世界同時株安 | トップページ | EUがイタリアの年金受給開始が早すぎると批判 »