« スキャンダルを乗り越えるユヴェントゥス人気 | トップページ | 折半小作の歴史 »

2007年8月25日 (土)

職場のいじめ

Grafico

職場のいじめに関する対策本(翻訳)が出たのをきっかけにイタリアにおける職場のいじ(mobbing)に関する統計が紹介されている(レプッブリカ、8月24日)。

イタリアで職場のいじめにあっている人は

北部で働いている  65パーセント

女性である     52パーセント

国および自治体で働いている 70パーセント

高卒である     52パーセント

大卒である     24パーセント

卒業資格がない   24パーセント

ヨーロッパで職場のいじめにあっているのは1200万人で、全体の8パーセント。イタリアでいじめを告発した人は1500人。

ヨーロッパ諸国での職場のいじめの発生率は次の通り

イギリス   16,3パーセント

スウェーデン 10,2パーセント

フランス    9,9パーセント

ドイツ     7,3パーセント

イタリア    4パーセント

となっている。

|

« スキャンダルを乗り越えるユヴェントゥス人気 | トップページ | 折半小作の歴史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16234826

この記事へのトラックバック一覧です: 職場のいじめ:

« スキャンダルを乗り越えるユヴェントゥス人気 | トップページ | 折半小作の歴史 »