« プローディ首相がヴァカンスに持っていった本 | トップページ | バゾリ、アンブロジャーノ銀行について語る »

2007年8月 7日 (火)

葡萄の収穫始まる:記録的に早期

Vendemmia2 イタリア北部で、葡萄の収穫が始まった(レプッブリカ、8月6日)。

トレヴィーゾ県では今日から収穫が始まる。例年より20日も早い。過去30年で最も早い収穫となる。

3月後半の春の例外的な暖かさと4月の暖かさ(例年より3、4度高い)が成長を早めた。

地域によっては収穫しないと、葡萄が「水ぶくれ」(scottarsi)してしまうおそれがある。

ワインの専門家ルーカ・ザイアによると、量は5-10%へるものの、質に関しては大当たりの年になる見込みだ。

今日から収穫が始まったのは、トレンティーノ州のシャルドネ種、8月半ばにはピーノ・グリージョの収穫となる。

トスカーナ州では、8月末から収穫。シチリア州では、すでにマティルデやヴィットリアの収穫が始まっている。8月半ばには他の種類も始まる。

2007年はイタリア全体で45億リットルのワイン生産が見込まれている。2006年との比較では10パーセント減となる。

イタリアにはDOCと呼ばれる地域限定のワインは460種類ある。20年前の倍に増えている。イタリアのワイン売り上げは、70億ユーロに達し、世界6位。

一人当たりのワイン消費量は48リットル。

海外に輸出されるのは、16億リットルである。

|

« プローディ首相がヴァカンスに持っていった本 | トップページ | バゾリ、アンブロジャーノ銀行について語る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16033031

この記事へのトラックバック一覧です: 葡萄の収穫始まる:記録的に早期:

« プローディ首相がヴァカンスに持っていった本 | トップページ | バゾリ、アンブロジャーノ銀行について語る »