« 株式、債券の売却益への税、20パーセントへ | トップページ | スキャンダルを乗り越えるユヴェントゥス人気 »

2007年8月23日 (木)

トルナトーレ監督、ローマで襲われる

Tornatore 映画監督ジュゼッペ・トルナトーレが帰宅途中に、ローマの中心部で暴漢2人に襲われた(コリエレ・デッラ・セーラ、8月23日)。

トルナトーレ監督は、テベレ川にあるティベリーナ島の病院に入院中。頭部の怪我が深刻なものでないか検査中。

トルナトーレが襲われたのは火曜日の22時45分ごろ。アヴェンティーノ地区のとある路上でのこと。

道を尋ねてきた18歳くらいの若者ーーアクセントからロマ(ジプシー)ではないかというーーが、お礼を述べたあと、突然襲いかかったのである。その後は記憶がないという。

トルナトーレは5月27日に51歳になったところ。二人は、財布、携帯、時計を奪って逃げた。

その後、ある紳士が通りかかり、病院へ運んでくれたという。

同日、トルナトーレが襲われた2時間後には、同じくローマのコッレ・オッピオ地区で、46歳の女性が、3人の移民(ロマと思われる)に襲われ、病院に運ばれている。

トルナトーレは前作《La sconosiuta》(題名のない子守唄)が好評を博し、新作《Baaria》で生まれ故郷のシチリアのバゲリアを扱った映画を撮る予定。

|

« 株式、債券の売却益への税、20パーセントへ | トップページ | スキャンダルを乗り越えるユヴェントゥス人気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/16216620

この記事へのトラックバック一覧です: トルナトーレ監督、ローマで襲われる:

« 株式、債券の売却益への税、20パーセントへ | トップページ | スキャンダルを乗り越えるユヴェントゥス人気 »